HOME > Interview > 宮脇 崇
代表取締役 / オーナー

Interview

一覧へ戻る  |  浅井 保奈美 ネイリスト >

宮脇 崇
代表取締役 / オーナー

私は不器用なほうでした。生き方も手先も・・・。


美容師として初めて働いたときも「しんどいな。」など夜も遅くまで練習するのも苦手でした。
学生時代も勉強に向き合うこもなく、社会でも地に足のつかない状態が続いていた頃、一冊の本に出合いました。

そこには、“楽しいことをするために日々努力する”ということが書いてあり、何気ない言葉ですが私には凄く響きました。


逃げたところで人のせいや世の中のせいにする人にはなりたくない。やって、やって、やりきったときに見えるものや、そこにいる人たちの世界を見てみたい。せっかく取得した資格を活かすべきだと、そこから考えが変わったと思います。


今まで見過ごしてきた掃除や裏方の仕事、一生懸命にやると楽しいし没頭できる。
普段のシャンプーも、気持ちが伝わるとかけていただく言葉が違ってくる。



「ありがとう。」



その何気ない一言が、やっていて良かった、この仕事を選んで良かったと思える。

やり抜くこと、気付くことの大切さ・・・その何気ないスイッチ一つで人生に意味が違う。
だからこそ、そのことを強く伝えていきたい。



気持ち一つで生きる価値が何倍も違う。

こんな一人の美容師が世界を変えることはできませんが、社員を雇い、その生き方を伝えることはできる。
そして社員がその周りの人や家族の生き方の価値を変え、人生を豊かにすることができること。




それがたさわ堂の“夢”です―――。

一覧へ戻る  |  浅井 保奈美 ネイリスト >